×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

赤ちゃんとお布団 Pure Heart


ベビーとお布団
出産して家に帰って一番最初に必要になるのが赤ちゃんの寝床です。 
「ベビー布団なんてどれも同じ」なんて考えは大きな間違い!
一日のほとんどを寝て過ごす赤ちゃんにとってはお布団こそがお母さんの抱っこと同じように安心して寝ることができる場所。

最近はうつ伏せ寝の窒息などを気にして硬わたのお布団や、
手入れの簡単な化繊わた(ポリエステル)のお布団を利用することも多いようですが、
硬わたの布団は本当に硬いですし、大人でも寝心地は悪いものです。
また、化繊わたは汗を吸わないので汗っかきの赤ちゃんには不向きです。

やっぱり赤ちゃんのためには天然素材である綿わたのお布団や真綿の布団が最適なんです。
お値段は多少張りますが、良いお布団を選んであげることはそれこそが赤ちゃんへの愛情となりますし、
赤ちゃんの眠りも深く、クズリや夜泣きも少なくなります。
打ち直しすればサイズを変えることもできて長く使えますし、結果的には経済的といえるでしょう。

我が家の子供たちは生まれた時から今も、おばあちゃんの手作り真綿布団で寝ています。

とにかくよく眠ります。

下の子は年長でおねしょで悩んでいて姑に相談したところ、これまで使っていたベビー布団が小さいことに気づきました。
そこで、敷布団を打ち直しでサイズを大きく、綿わたをボリュームアップしました。
また、掛け布団は真綿と綿わたを層にしてジュニアサイズにつくりかえてもらいました。

なんと、その布団で寝た次の日からすっかりおねしょがなくなりました。

住宅の構造も変わっていて畳も昔とは違います。
畳の直敷きはやはり冷たかったのでしょう。
おねしょの原因はその子によって様々ですが、うちの子の場合は「冷え」も原因の一つだったのだと思います。

ぜひ、ベビーの時からよいお布団を選んで、愛情たっぷり、情緒豊かなお子さんに育ててあげてくださいね。

ベビーにオススメの真綿布団一覧はこちら
いつも清潔にしたい!洗えるベビー布団一覧はこちら

手作り真綿布団がどのように作られるか覗いてみましょう

手作りのベビー布団はどんなものがあるのかな?
お布団ギャラリーへ

赤ちゃんグッズ通販へ Go>>